読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆたんぽを抱いて寝る。

猫のこと、本のこと、アニメのこと、野球のことetc...思いついたまま、気の向くままに。

そりゃあ僕だって綺麗事ばかり言ってるような年じゃない

動画

■この後ぱちゅりーにめちゃくちゃ怒られた

 

Twitterでフォロワーさんがこの動画を紹介していた。

正直ぱちゅりーは神聖視しすぎてそういう目で見ちゃいけないみたいな

 

 

 

 

 

そういうのどうでもよくなったよね!

 

 

生気のないジト目……最高ですよねこれ…

f:id:l-i-t:20160416235640j:plain

 

なすがままされるがままにされていくぱちゅりー……

 

もうね

 

興奮しますよね、えぇ

 

 

なんて高まった気持ちでマイリストを眺めてたんですよ、そしたらね

 

 

 

これ。

いいからまず見て。

 

見た?

 

 

 

 

 

 

 

最高ですよね!?!?

 

これね、この

f:id:l-i-t:20160417000502j:plain

「これから何が起こるか分かってて抵抗したいけど出来ないからせめて睨みつけてやらないと気が済まない」

って感じがまずそそるわけで。

 

 

からの、これ

f:id:l-i-t:20160417001309j:plain

表情最高ですよね…

抵抗したいけど出来なくて泣きそうだけど泣いたら負けちゃうから泣かないから目一杯我慢してる、みたいなこの顔!ね!!

続きは…ご自分でお確かめください。僕は大満足です。

 

■堕ちない・負けない・救いないの「3ない」を守って楽しい陵辱ライフを

個人的な感覚ですが、割と序盤から「おちんぽおおおおお」とかアヘ顔ダブルピース的な展開されるとすごく萎えます。

乱暴な言い方になりますが、もうそれはただの和姦物、らぶらぶちゅっちゅなセックスとどこが違うのかといいたくなります。

 ヒロインには是非とも最後までちんぽに負けず頑張って欲しいものです。

強い心を持って立ち向かって欲しいですし、隙をついて牙を向いて欲しいわけです。

それをへし折ることが出来ると思えば一層昂りは増しますし、それがそそるのですから。

これが「堕ちない」「負けない」という話です。

 

そして、「救いない」とはどういうことでしょうか。

これは「堕ちない」と少し関係があることです。そして、この3つの中で一番重要な要素だと考えています。

例えば、最終的に「えへへ、あたしおちんぽだいしゅきぃ♡」みたいになる展開、結構見かけますが結構萎えます。

このエンドって、ある意味救われちゃってるんですよ。

見て分かる通りこれはもう堕ちちゃってるわけで、そうなると本人は幸せなのか不幸なのかすら考えることすらできない。

これを、思考を放棄して本能のままに男を受け入れると見ると、最後の最後に和姦エンドになってしまっているわけです。

とても惜しい。

 

それとこれも結構見かけるんですが、「こうして、おちんぽの魅力にとりつかれた私は今日も知らない男の人のおちんぽを求めてる卑しい女の子になっちゃいました」みたいなエンド。

一見すると心折れて胸糞たっぷりな救いのない終わりにおもえますが……

 

 

ただのビッチもどきじゃん!

 

勝手に幸せになっちゃってるじゃん!

 

 

やる気あるの!?

 

 

叫びたくなります。

そうじゃないでしょうと。

 

ヒロインの皆さんには是非とも最後まで強い心を持って、歯を食いしばって、涙を堪えて、牙を向いてほしいわけです。

全身で抵抗してもいいですし、絶えず怨嗟の呪詛を放ってもいいです。

最後まで目一杯抗って、一筋の光明を信じて、拳を握りしめて…

 

 

最後にその心がぽっきりと折れる瞬間が最高だと思いませんか?

 

例えば、もう時間も分かんないくらい犯され尽くして、ようやく終わり――

そう思った瞬間、男がニッタリと笑みを浮かべて、スマホを取り出す。

するとそこには、目も当てられないような姿の自分が映っていて、そこで全てを悟ってしまって――

みたいな終わり。

あるいは、これはよく見るシチュエーションですが、最後に「おっ、やってるやってるぅー」みたいなノリで追加の竿役が現れるパターンです。

どちらも、ここまでギリギリのところで必死に保っていた矜持や切れそうな心の糸を真っ二つにおる、あるいはスパッと切るには丁度いいわけです。

 

これが、「救いない」という話でした。

楽しみ方は人それぞれですから、勿論これが正解というわけではありません。 

ただ、陵辱物というジャンルの構成の一つとして、こういうところを意識したら素晴らしい作品が増えるといいなぁ、というお話でした。

 

今ンところそれを十二分に満たしているのが那岐山(同人名義はナギヤマスギ)さん。

ここまで書いたことが全部詰まってる夢のような作品ばかり。

東方陵辱シリーズ、おすすめです。

全国の同人ショップでぜひ。