ゆたんぽを抱いて寝る。

ゆたんぽを抱いて寝る。

猫のこと、本のこと、アニメのこと、野球のことetc...思いついたまま、気の向くままに。

LITさんの北海道旅行記3 〜駅チャリで札幌を走破せよ〜

f:id:l-i-t:20190609203918j:image

札幌駅、全然記憶になかったです

 

1日借りて500円

札幌までの電車移動中、筆者は観光の予定を立てていました。

予定と言っても、どちらかといえば下見的な意味合いが強いもの。最終日にレンタルバイクを予約しているのでそのお店の場所を見ておこうとか、ライブ会場の場所を見ておこうとか、その程度のもの。

 

で、調べてみたら札幌って広いんですね。

交通網も地下鉄からJRから市電まで多様にあって、行きたい場所を線で繋いでいくと結構移動費かさむんですよ、これが。

そこで、「すすきの オススメ 特殊プレイ」って検索窓に打ってたのを一度消して「札幌 レンタサイクル」って検索したらなんと1日500円でチャリが借りられるって情報が出てくるじゃないですか!

リンク下部に説明があるんですけど、放置自転車を市が委託した公社が管理、レンタサイクルとして貸し出しているとのこと。

f:id:l-i-t:20190610135111p:plain

南口を出てすぐ左に出ると大きな駐輪場が有り、その中で簡単に借りられました。

24時まで返却すればOKというのは、観光客にとってなんとも嬉しいシステムですね。

さぁ、武器は手に入った。いざ、観光へ。

 

遠い昔にチャリを漕ぐ体力を置いてきた男の末路

こうして無事にチャリを手に入れた筆者。

勇んで漕ぎ出し、向かった先はすぐ近くにある札幌市時計台

別に有名観光地に行きたかったわけじゃないんです。

むしろ10年以上前、大学の入学式で札幌に来た時ココにも足を運んでいるので初めてというわけじゃありません。

 

では、なぜわざわざ時計台を見に来たか。

そう、何を隠そう筆者は今なおアニラジ界隈の各地に武力介入し続けるSZBH残党だからなのです!!

ããããªã絶ææ¾éãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

札幌時計台と言えばそう、あの名コーナー「がっかり観光 死にるるぶ」の例題にして認定第一号観光地となった場所!

そんな思い出の(?)場所に行かずして、なにがSZBH残党だと。

 

そういうわけで滞在時間は2分位でしたけど、写真とって満足しました。

あと筆者は武力介入してませんのでご安心を。ラジオネームに日本おっぱい党党首って名前付けたりラジオネームじゃなくて絶望ネーム○○で他のラジオにメール送りつけたりはしてないので、ほんと。

 

さて、ひとつ目的は達成しました。

ここからどうしようと考えた、

 

『そのとき空から、不思議な光が降りてきたのです・・・』

(あ、あれは誰だー!誰だー!誰なんだー!)

『それは…ナ

 

いや、ナナさんちょっと下がっててください。

 

ナナさんの武力介入は置いといて、ひとつ思いついたことがあったんです。

 

 

 

平岸高台公園があるじゃないか、と

 

平岸高台公園と聞いてピンと来ない人も、この写真を見ればピンと来るのではないでしょうか。

実際に撮ってきた写真です

 

そう、ここは昨年移転したHTBの旧本社ビルのすぐ近くにある公園。

 

水曜どうでしょうの前枠、後枠でお馴染みのあの公園なのです!!

 

 

どうでしょうファンとして、ここは行かねばなるまいという啓示が降りてきました。

ルートを調べると、約6kmの道のり。

f:id:l-i-t:20190610140836p:plain

ふーん、なるほどねー、チャリなら余裕じゃん?

 

そしてGoogleの道案内を頼りに移動。

途中で迷いつつも、40分程で無事平岸高台公園に到着。

 

 

いやぁ……

運動不足の社会人にチャリはしんどいってよくわかりました。

汗だくになりながらスマホ持って歩き回る不審な男が一人。公園には家族連れも多く居て、いつ通報されるかとドキドキしながら撮影し、公園の上にあるベンチに座って休憩しました。

いいお天気で気持ち良かった

 

念願の場所に来られて本当に良かった。夢がひとつ叶いました。

 

美味いメシと美味いプリン、かわいい猫を眺めながら

再びチャリを漕いて駅前まで戻り、お昼は北区北8条にあるスープカレーのお店「カリーサボイ」に行きました。

このお店、実は前に「伊集院光とらじおと」の「俺の五つ星」というコーナーで「札幌のカリー・ディ・サヴォイのタチのカレーを探している」という案件の中で出てきたお店。伊集院さんが絶賛していたのもあって、期待しながらやってきました。

お昼どきでしたが幸い空いていてすぐに座ることが出き、お水をグッと一杯飲み干しました。店員さんが可愛らしいのが印象的でしたね。

頼んだのはスペアリブのスープカレー

これが絶品。

スープは香辛料の味を感じながらも、クセはなく、いくらでの飲めちゃうんじゃないかってくらいあっさりと、しかしコクのある味わい。よく煮込まれた野菜はホロホロだし、肝心のスペアリブは口に入れた瞬間ホロッと解けてしまうくらい柔らかく、ジューシーでした。

辛いのが苦手な人でも辛さを調整できるので安心ですね。

ここまで一時間以上自転車で走り回ったのもあって、とってもおいしかったです。

また札幌に行く機会があったら足を運びたいですね。

 

 

お昼を終えてライブ会場とレンタルバイクのお店の場所を確認した時点で、時間は16時過ぎ。開場が18:30なのでまだ時間があったので会場周辺でどこか座ってお茶でも飲める場所がないかと自転車を走らせていると、通りに面したコインパーキングの向こう側に、何やら惹かれるお店が。

猫を見ながらちょっと一息……

 

な、なんて甘美な響きなんでしょう。

猫大好きな筆者は、吸い込まれるように店内へ。

 

他にお客さんは居らず、お好きな席にと言われたので猫がいるらしい二階の席へ行くと、そこには……

良さげな雰囲気の席と、

猫のお部屋が。

 

しかも、ちょうど筆者が席についた時一匹の猫が急接近してきまして。

ひめだら ♀1歳くらい

 

 

 

 

ãç«å®®ã¬ãããããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

かぁいい~~~~~~~!!

 

もうね、最高。

夕方はいつもお昼寝している子が多いらしく、起きているのを見れたのはラッキーと言う話をあとから聞きました。

猫好きオーラが出てましたかね?

 

その後、運ばれてきたプリンとコーヒーを頂きながらしばし猫鑑賞&撮影タイム。書いたとおり他にお客さんが居なかったので、終始好き勝手歩き回り放題、撮影し放題で最高の時間でした。

ししまい ♀5~8歳くらい

 

(左)ラルフ ♂5歳くらい (右)とまちょっぷ ♀2~3歳くらい

 

かなふー ♀3~5歳くらい

 

マルクマ ♀2~3歳くらい

 

ここの猫は、みんな多頭飼育崩壊現場からレスキューされ、保護されていた子たちなんだそうです(名前と説明が書いてある冊子がありました)。全国的に猫ブームと言われて久しい昨今ですが、こうした問題が多く出ているのもまた事実。

そんな中でも、こうやって幸せそうに暮らしている猫たちを見られるのは本当に気持ちがやすらぎますね。

 

そしてもう一つ。

プリンがめちゃくちゃうまい。

もうね、びっくりするくらい濃厚。こんな美味しいプリン今まで食べたことなかったってくらいおいしかったです。

あとから調べてみると、ステーキなどのお肉料理もおいしいとのこと。

古民家カフェということもあり、落ち着いた店内で素敵な時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

 

札幌回るならチャリは本当にオススメ

一日走り回ってクタクタになりましたが、結果的に自転車という選択は大正解だったように思います。

札幌市内は思ったより広く、歩いて回るのは大変です。公共交通機関もいいんですが、札幌市内はどこまでも平坦な土地なので自転車で回ってもさほど苦になりません。車だと停める場所に困りますし、一方通行や右左折専用レーンが多いので大変かなと思います。駅チャリならホント手続き楽だし細い道にもどんどん入っていけるので、時間かけてゆっくり観光するなら自転車を借りてみてはどうでしょうか。

 

 

《お店情報》

tabelog.com

カフェ&ギャラリー Neko Style
〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西14-3-20
1,000円(平均)1,000円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp