ゆたんぽを抱いて寝る。

ゆたんぽを抱いて寝る。

猫のこと、本のこと、アニメのこと、野球のことetc...思いついたまま、気の向くままに。

誰かの好きと楽しいが自分の幸せです

 

f:id:l-i-t:20200424201719p:plain

自分のすきを見つけられたような気がします

 

クロスベル警察、俺は帰ってきた

先日、見るも無残な結果に終わった零の軌跡改最速プレイ。

無事にゼムリア大陸はクロスベル自治州の舞台に帰ってきたLITさんです。

f:id:l-i-t:20200424194049p:plain

なにせ初めてプレイしたのがもう数年前な上に零の軌跡はあまり周回プレイしていなかったのもあり、割と思い出しながらプレイをしています。

内容はもちろんこれからどんどん楽しんでいくので軽く触った感想ですが、良かったなぁと思うのはセリフがフルボイスになっていた点。筆者は脳内再生余裕の村出身なのでボイスが無くても問題なく遊べるのですが、それでもボイスが入るだけで物語への没入感が段違い平行棒でしたね。

 

ティオのミズハスボイスがもうかわいいのなんのって……

f:id:l-i-t:20200424195041p:plain

このゲーム、ギャルゲーではありませんがキャラごとの好感度的なパラメータが存在します。それによってEDに少し変化が訪れるのですが、恐らく今回も筆者はティオを選ぶことでしょう。今からの楽しみです。

 

一方、少し気になったのがセーブのシステム。

オリジナル(PC版とPSP版)はPC本体もしくはメモリースティックデュオにセーブデータが作られていたので、オートセーブも自動で生成されていました。PS4版ではこれが(たぶん)無くなっています。おそらく解像度周り以外はVita版をベタ移植しているのか、ゲーム開始時に「このゲームはオートセーブに対応しています」的なテキストが流れる割にオートセーブのデータがどこを探しても見つからない。

そのせいかこまめにセーブするのを忘れると、後で戻ろうとした時に結構やり直す羽目になります。というか、なりました。ハイスピードプレイ機能がついてて本当に良かった……

 

少しだけ人にやさしくなれた気がしてる

猫と暮らすようになって5年ちょっと。

LITさん、昔はずいぶんと自分勝手な人間でした。いやまぁ今でも基本的には変わってないんですが、昔は輪をかけて酷かったと思います。自分の幸せは自分で手繰り寄せないと無理! 自分の幸せを引き寄せられるのは自分以外誰もいない!!!! みたいな強迫観念にとらわれていたような、そんな生き方をしてました。

いやはや、文字に起こすとお恥ずかしいですネ……

 

最近はそれも少しだけ変わってきたような気がしてます。

自分の幸せってなんだろうって考えた時に、自分が好きなものとか好きな人達が楽しそうにしてるのを見ていられたらそれが自分の幸せなのかなぁと思うようになりました。あわよくば、そこに少しでも自分も混ざれたら嬉しいし、そのお手伝いが出来たらいいなと。

たぶんなんですけど、それって猫がくれたものなんじゃないかなって思うんですよね。

さっきまで走り回ってた猫が気付いたら静かになってて、ふと見たらベッドでスヤァ……って眠ってたんです。それを見たら自然と頬が緩むのが分かって、それに気付いた時に、あぁ幸せだなぁ、満たされてるなぁって気付いたんですよね。

猫の寝顔って幸せだなぁって。

 

人と話をしていて、ふっとあぁ今この人すごく楽しそうだなぁって気付くことが増えた気がします。きっとそれに気付けるようになったのも猫のおかげ。

f:id:l-i-t:20200424195744j:plain

いつもありがとうね。