ゆたんぽを抱いて寝る。

ゆたんぽを抱いて寝る。

猫のこと、本のこと、アニメのこと、野球のことetc...思いついたまま、気の向くままに。

毎日が誰かの誕生日

f:id:l-i-t:20200609215024p:plain

ちなみに、川上とも子さんの命日です。あれから9年、早いものです

 

未だに人に説明できない

今日が誕生日のどこかの誰かさん、誕生日おめでとうございます。

どうも、見ず知らずの人の誕生日も祝える男LITさんです。あ、いやもうこの記事が公開される時間には今日も残り1時間。お誕生日おめでとうございました、というのが正しいのかもしれません。

 

さて、今日は声優の植田佳奈さんの誕生日なんですね。

 筆者にとっては遠坂凛であり八神はやてな彼女ですが、

f:id:l-i-t:20200609205802p:plain

f:id:l-i-t:20200609205944p:plain

実は同じ誕生日に作家の有川浩先生がいらっしゃいます。

レインツリーの国 (角川文庫)

レインツリーの国 (角川文庫)

  • 作者:有川 浩
  • 発売日: 2015/09/24
  • メディア: 文庫
 

あとは、有名所だとバック・トゥ・ザ・フューチャーのマーティ・マクフライ役でおなじみのマイケル・J・フォックスさん。

f:id:l-i-t:20200609210303p:plain

 

一体どうしてこれだけ6月9日生まれに詳しいかと言うと、これには、それはそれは大きな理由があります。そう、天保山の高さくらい巨大な理由が……

f:id:l-i-t:20200609210812p:plain



まぁ、その程度の理由なんでテキトーに肩の力抜いて聞いて下さい。

筆者の車、別に隠すものじゃないので公開するとナンバーが6900なんですよ。ぶっちゃけ69でも良かったんですが、れっきとした希望ナンバーなんです。たしか2000円くらいした気がします。

 

それで、なにを持って6900としたかということなんですが……そう、奇しくも本日6月9日はパチュリーの日

パチュリー・ノーレッジwww.pixiv.net

パチュリーさんwww.pixiv.net

むきゅーの日2020www.pixiv.net

6と9www.pixiv.net

めがねパッチェさんwww.pixiv.net

えっ、眼鏡かけてるパチュリーのイラストが多い気がする?

ハハッ、気の所為ですよ。

 

 

さて、聡明な読者諸兄はお気付きでしょう。パチュリーと言えばむきゅー

 

むきゅー → 69という構図に。

 

何を隠そうパチュリー大好きおじさんとは筆者のこと。

人気投票のキャラ部門はパチュリーに一押し入れて終わるだけだから5秒で投票が終わることで有名なLITさんです。そりゃあ車のナンバーだってパチュリーっぽさを入れたくなるってものでしょう。というか本当にパチュリーは眼鏡が似合うなぁと改めて思うわけです。人類はもっとパチュリーに眼鏡をかけさせるべき。

 

ということを東方なんざ知らないよって人に説明するのが億劫なので、「どうしてLITさんの車のナンバーは6900なの?」って聞かれたら「BTTFと主役のマイケルJフォックスの大ファンで誕生日から貰った」と答えるか「有川浩先生の大ファンで以下略」と答えるためにwiki漁ってたことがかつてあったからです。

まぁ実際BTTFは何度も見てますし(別に役者に思い入れはありませんが)、有川浩先生に関してはガチでファンなのでなまじ嘘は言ってないでしょう、きっと、えぇ、たぶん。

 

明日はうちの愚妹の誕生日

余談ですが、明日6月10日は妹の誕生日です。

 

おいおい、ついにこいつ身内の個人情報までブログのネタに入れやがったぞ。

 

なんて声が聞こえてきそうですがお構いなく。互いの個人情報はどこかで互いにネタにしている兄妹関係なので。まぁ、兄妹なんてフリー素材みたいなもんですよヘヘッ

 

 

 

ということを書きながら思いついたんですが、いつもこれを読んでくれているそこのアナタ。あるいはたまたまこのブログに行き着いたそこのアナタ。どうですか、ここらでひとつ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然知りもしない人間の誕生日を好き勝手自分勝手に祝っていってみませんか?

 

何をするかは至って単純。

アナタが思う、LITさんの妹像を勝手に想像し、でっち上げ、作り上げ、錬成し、思うがままに自由に祝ってやって下さい。

 

年齢も学歴もお住まいの惑星も全てやりたい放題です。

好きな食べ物は蛇の丸焼きかもしれません。

休日は愛車のハーレーに跨って走り回っているかもしれません。

 

なにしろ、年に数度しか会わない筆者。いかんせん、記憶も薄くなりがちです。

なので、きっと皆さんの書いたことを信じるはずです。もしかしたらTwitterに書いていないと筆者が思い込んでいるだけで、昔どこかに書いたことなのかもしれません。「あの時LITさんがこういうことを書いてた気がする」という妹のエピソードなどあれば併せて思い出させていただければ助かります。

 

ということで、ついさっき思いついた馬鹿みたいな企画ですが皆さんどうぞよろしくおねがいします。ちなみに、別に何もレスポンスがなくてもこうやって記事になっただけでこの企画は成功みたいなものです。