ゆたんぽを抱いて寝る。

ゆたんぽを抱いて寝る。

猫のこと、本のこと、アニメのこと、野球のことetc...思いついたまま、気の向くままに。

脳内CVのあの頃にはもう戻れない

f:id:l-i-t:20200909211420p:plain

もうすぐアニメです

 

キミ戦のアニメは割と楽しみです

年に一本くらいはちゃんと流行りのアニメを追いかけたい。

そんな気持ちだけは持ち続けてるLITさんですまいどどうも。

 

10月から始まる細音啓先生のラノベが原作のアニメ「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」

kimisentv.com

着々とPVが出来上がってきていて筆者としてはワクワクしながら待っているところです。

同作者でMF文庫から出ていた「世界の終わりの世界録」が大変に面白く、そこから一気に細音ワールドにハマっていった筆者ですが、まさか世界録ではなく同じくMF文庫から出ている「なぜ僕」でもなくファンタジア原作の「キミ戦」が最初にアニメ化するとは思いませんでした。

もちろん全部面白いんですがね。

 

主人公のイスカとヒロインのアリスは互いに敵国の敵同士。戦場で出会った2人は、いつしか互いを意識し始める。決して結ばれることのない二人、結ばれてはいけない二人。そんなイスカとアリスをあざ笑うかのように、二人を中心に二国は再び戦争に向かって動き出し、二人もまたそれに巻き込まれていく――

 

みたいなストーリーとなっている本作。

見ごたえのある、それでいて美麗な戦闘シーンは是非とも原作から味わってほしいし、きっとアニメでも手に汗握る演出に仕上げてくれることでしょう。キャラクターも非常に魅力的で、イスカ率いるN07部隊の面々はみんな個性豊かだし、アリスを中心としたネビュリス王朝の面々も魅力的です。

とりあえずアニメの先行版が見られるみたいなので、お時間のある方は是非一度。異世界チートハーレムもいいけど、たまには王道ファンタジーもね。

 

 

かやのんの演技、超良かったよね!

さて、表題の話。

伊集院さんのラジオを聞いていたら、こんな話をしていました。

話題は、朝のラジオの企画の話。今大人気放送中の半沢直樹2期。伊集院さんを含む何人かは本放送はおろか半沢直樹に関する情報を一切合切シャットアウトし、放送から数週間後にその放送回に関するクイズに挑戦する、という企画をやっているんです。

その中で、「第○話に登場するとある芸人さんは一体誰でしょう」という問題が有り、伊集院さんたちは推測に推測を重ね、この人だ!という人を見出します。実際はその人ではなく別の人が出演していたため、クイズ自体は不正解ということになったんですが、問題はクイズの成否ではなく、その芸人さんについて。

伊集院さんたちは半沢直樹に関する一切の情報をシャットアウトしてクイズに臨んでいます。あるのは一期の知識のみ。それら既存の知識といろんな芸人さんのレギュラー番組や事務所の兼ね合いを考え考え抜いた末に出た答えが、その芸人さんだったのです。

すると、伊集院さんの中で不思議なことが起きたそう。そこまで考えに考えを重ねて出した答え。だからでしょうか、伊集院さんの中ではもうその芸人さんがドラマの中で実際に演技をしたところまで存在しない事実として出来上がっていたというんです。テレビ局の廊下ですれ違おうものなら「この間の半沢、いい演技してたね!」なんて声をかけてしまいそうなほどに。

 

んなバカな、と思う方も居ると思います。

ただね、

f:id:l-i-t:20200909203622p:plain

筆者はこれものすっっっっっっっっごいわかるんです。これが筆者の常々言っている脳内CV問題に通ずるわけです。

例えば、筆者がこの間読んだ榊一郎先生の「いつか仮面を脱ぐ為に」

f:id:l-i-t:20200909202510p:plain

f:id:l-i-t:20200909202748p:plain

この作品を例に取れば、脳内CVは次の通りに決まっています。

レオ:松岡禎丞

フェルミ阿澄佳奈

マリエル:原田ひとみ

ハリエット:小林ゆう

 

えっ、キャストが全体的に古い? 2020年のキャストとは思えない? 音響監督やめろ?

f:id:l-i-t:20200909202947p:plain

 

本書いつかめに関しては、割とすんなり決まった脳内CVなわけですが……

筆者の頭の中ではもう彼らの声でキャラのセリフが再現されているわけですよ。本を読む時は本をよむというより頭の中でアニメ化した映像を再生しているみたいな処理をしているので、一冊読み終わった後に「あの場面のダチャーンの台詞最高だったな!」とか「エピローグ、画伯超かっこよかった」みたいな感想が出てくるのです。

嬉々として人に話してしまいたくなることすらあります。

ほんとね、自分の脳内で作り上げた映像ってすごいですよ。

 

で、ラジオではこのエピソードでもう一つ話をしていまして。

クイズが終わり、いよいよその回をテレビで見ることになった伊集院さん。圧倒的な視聴率が物語る通り大変面白いという感想を抱いたらしいのですが、しかし一つだけ気になるところがあったそうです。

それは、面白いんだけど自分が頭の中で想像したキャストはすっかりドラマの中から消え去っていて、もうそこにドラマを見る前に想像した芸人さんを当てはめると違和感しか残らないという話でした。

f:id:l-i-t:20200909203529p:plain

もうね、わかりみしかない。

ラノベおよびそれを原作とするアニメの話をすれば、あれだけ脳内CVとして確立していたはずなのにいざアニメに慣れきってしまうと元の声をもう思い出せなくなるのです。

例として取り上げるのは筆者が未だに大好きで追いかけ続けている枯野瑛先生の小説が原作のアニメ「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」シリーズ。

f:id:l-i-t:20200909203934p:plain

ヒロインのクトリ・ノタ・セニオリスという少女(画像の子)。

たしか脳内CVは種田梨沙さんだったと思うんですが、アニメの田所あずささんがぴたり合いすぎてしまって、もう種ちゃんの声を思い出すことが出来ません。同じように、同作品からナイグラート

f:id:l-i-t:20200909204204p:plain

彼女に関してはもはや脳内CVが誰だったのか思い出すことすら出来ません。それくらい井上喜久子さん(17)が強くインプットされてしまったのです。

 

一方で、脳内CVは脳内CVとして根強く残り続けているパターンも当然ながらあります。すかすかで言うと、アイセア・マイゼ・ヴァルガリス。

f:id:l-i-t:20200909205425p:plain

アニメではMachicoさんが担当していましたが、脳内CVは清水香里さん。

アニメ放映後も続編にあたる『すかもか』に出演中のアイセアですが(正確にはもう魔力を熾せない身体なのでヴァルガリスの性は捨ててますが)、割とずっと清水香里さんの声で再生され続けてます。

そういうキャラも、往々にして多いのです。

 

さて、そこへ来て「キミ戦」の話に戻るわけですが。

いやぁー、キャスト見てると「あーーーー、なるほどねーーーー」っていうキャラが多くて嬉しいやら困るやら。脳内CVがどんどん侵食されてしまいそうな気がしてなりません。

中でも「あーーーーー、これは、あーーーーーーーーーー!」ってなったのが彼女

f:id:l-i-t:20200909205857p:plain

脳内再生余裕過ぎてヤバい。たしかに竹達だこれ……

ちなみに脳内CVは松岡由貴さん。これは強豪ですね、ハイ。

 

それと人類はミスミス隊長をすこれ

f:id:l-i-t:20200909210330p:plain

これで22歳とか最高ッスね、ほんと、うん。ちっちゃかわいい先輩is最高