ゆたんぽを抱いて寝る。

ゆたんぽを抱いて寝る。

猫のこと、本のこと、アニメのこと、野球のことetc...思いついたまま、気の向くままに。

ゆたんぽを抱いて寝る。

令和ちゃんいい加減にして

令和4年最新版、という単語の胡散臭さは完璧

 

暑さ寒さも彼岸までとは言ったけれど

彼岸が過ぎたら、確かにちょっと涼しくなりましたよね。歩いてても汗ばむような天気だったのが、爽やかな秋の空気に変わっていって――

 

 

 

と、思ったら週明け暑いっていう。

いやもう10月なんですけどなんで30度超えてるんですかどうしちゃったんですかこれが地球温暖化ですか。いやもうまじで一回人類補完計画やってサードインパクト起こしてから全部やり直したほうがおいいんじゃないかなみたいなことを考えちゃいますよね。

 

まぁ、その暑さも流石に1日で収まったので良かったんですが。

 

 

 

って、ちょっと待ってまた週末が雨予報じゃないですか。

いや、それよりもなんですかその気温。

明日から、土曜を除いて最高気温20度以下って……極端すぎません?

 

令和ちゃん……頼むわほんま。

 

なーんか、毎週末微妙な天気ですよね。今週末はちょっとお出かけする用事があるのでできればあまりお天気崩れないで欲しいんですが、さてどうなるやら。

現在1名確保。ゆるく広く募集しますので興味ある人はお声がけください。

 

令和4年、あと3ヶ月ないってマジ?

気付けばもう10月だということと、今月末にM3だという事実に驚きを隠せないLITさんですこんばんは。

 

まじっすか、この間春のM3やってませんでしたっけ。

っていうか夏コミって一昨日くらいじゃなかったでしたっけ。

 

そのくらいの感覚で生きてるので、今月末がM3だと聞いてまじでビビり散らかしてます。秋M3が来るってことは、やろうやろうと思いながらほったらかしてるあれこれをそろそろまとめなきゃいけない、そんな時期なわけで。

裏解決屋稼業で絶賛忙しいので間に合う保証はちっともありませんが、万が一間に合った暁には知る人ぞ知る書き上げるのに時間が掛かるでお馴染み「どうせ秋M3に参加するなら」最新作をどうぞお楽しみに。

 

 

 

入稿報告があちこちで聞こえてきますね。

雌豚閣下、今回も新譜期待してます。

そういやこっちも春M3の記事書こうと思ったままぶん投げてたので、ちゃんと感想記事を形にしたいですね。

本人にも好評だったアンチ記事はコチラ

 

 

nayutaさんも無事入稿終わったみたいだし――

 

 

 

…………は?

 

いやいやいやいやまってまっておかしいおかしい。

なにその「夏コミ出さなかったしM3で2枚出せばいっか」みたいな軽いノリ。

いやアナタその間にらぷりの新譜作ってらぷりのライブやって自分のバースデーライブやってたでしょっていうかちゃっかり新曲も作ったでしょいやまじで

何がどうなるかわかりませんが、とりあえずカタログ買うところから始めます、ハイ。

一年の時を経て、再び共和国首都イーディスの裏解決屋として舞い戻ってきた

17歳のレンは合法だよね(ダメです)

 

軌跡シリーズ最新作です

9月29日、待ちに待った「英雄伝説 黎の軌跡Ⅱ クリムゾン・シン」が発売になりました。

いやぁ……筆者がこの日をどれだけ待ちわびたことか。

 

普段はネタバレ回避のために事前情報すらみない筆者ですが、今回はワクワクが止まらな過ぎて電撃オンラインの事前情報を全部追うほどに楽しみに待っていました。

www.youtube.com

 

もちろん本編のネタバレをこの記事ですることはないので安心してください。

とにかく、事前情報からワクワクが止まらなかった。

 

新生帝国ピクニック隊の2人が参戦ですよ!!

いや、言い方よ。

まぁ呼び方はさておき、この2人が出るのには本当にびっくりしました。前作では確かに『庭園』関係の人物が結構出ていましたが、よもやそこに加わるとは。はたして物語にどう関わってくるのか。

っていうか、創から2年経ってるんですね。すーちゃんもそうだけど、なーちゃんも着々と成長していってるご様子。いや、どこがとかじゃなくてね。いやほんとやめてくださいあの針やm

 

ぎぁああああァァァァァァァァァァァァ

 

-DEAD END-

 

すんません、ちょっとフラグ間違えたんでやり直してきます、ハイ。

 

ちょっと懐かしい場所へ

黎2の話とは外れますが。

 

この日、もう一本のソフトが発売になりました。

長い時を経て、再びヴァルキリーシリーズの最新作が登場です。いやぁ、これもマジで楽しみにしてました。

 

 

まさか、予約忘れるとは思いませんでしたけど。

 

それに気付いたのは、つい昨日のこと。ということでサクッと近くの家電屋で――

うそん。まじすか。慌てて地図を開いてみると、どうやら原付でも30分くらい走らせれば大きな家電屋があるっぽい。ということで作務衣姿で原付を走らせます。家から出ないあるいは半径500m圏内で生きると決めた時はたいていこのスタイルなんですが、面倒なのでそのままゴーです。

途中迷いつつも40分ほどで目的地に辿り着こうとした、その瞬間。

 

 

なぜか見覚えがあるんですよ。丁字路があって、ファミマがあって、その先にヨドバシがあって、その……手前に……あ、そうか!

ニコ同やしんえんで行った、クラブシータじゃないか!

 

ナビしか見ずに来たんですが、そうか吉祥寺。

懐かしさに浸りつつ、サクッとヴァルキリーエリュシオンを買い、そのまま帰りました。聖地巡礼? いやいや、そこはまだ早い。

……いや、行かないよ?

56

やってくれました

 

ペナントレース、全日程終了

2022年のプロ野球ペナントレースが終了しました。

例の病魔の影響がまだまだ残る中、開幕から試される事が多かった我らがヤクルトスワローズ

4月はチームの中心であり正捕手としてヤクルトの背番号27番を背負う中村悠平選手が例の病魔の影響で開幕に間に合わず。それでも内山壮真選手が実戦を通してメキメキと成長していく姿がとても頼もしかったです。

投手陣においても、去年大活躍した奥川投手が開幕からずっと一軍登録にならないままペナントレースは進んでいき。高橋奎二投手や小川泰弘投手など先発メンバーもなかなか安定しない。そこはしかし、ベテランの石川雅規投手や自慢の中継陣が頑張って抑えてくれました。

個人的には特に、後半の石山泰稚選手が良かった気がします。

一時は石山本願寺の異名で9回を任された男が、今年は絶妙な場面で魅せてくれました。CSでもきっと活躍してくれると信じています。そしてもちろん、忘れちゃいけないのがこの男。

www.youtube.com

巨人時代はさんざっぱら不調の時に煽ったりもしたものですが、いやぁもう認めざるをえないでしょう。何度ピンチを救ってもらったことか。本当に大活躍の1年でした。

それともうひとつ。長岡秀樹選手がいよいよショートに定着したかなと。思えば、長い間ヤクルトのショートずっと不安定でした。それがようやく固まったかな? と思うと本当にこれからに期待しかありません。

 

ピンチの時、辛い場面の時、誰よりも声を出していた

1年を通じて(もちろんこれからCSがあるので終わりじゃないですが)というより、ここ2,3年ずっと印象に残っていることがあります。

1人の若者が、誰よりも声を出している姿です。

村上宗隆選手。

彼はどんな時でも、誰よりも声を出している選手でした。誰かがHRを打ったら誰よりも早くグラウンドに飛び出していって喜び、ピッチャーがピンチの場面ではすかさず駆け寄って声をかける。ルーキーでもベテランでも誰にでもそれは変わらず、たとえ自分の打順が遠くとも常にベンチで声を出し続ける。その姿が本当にかっこよくて、素敵でした。

 

彼が背負うのは、日本人なら誰もが知る背番号55。

その偉大な背番号に恥じず量産し続けたHRは、ついに55本という偉大な数字に達しました。

 

例の病魔の影響で大量離脱者が出てチームの調子が上がらない時も、マジック点灯後にブレーキが掛かったときも、ひたすらチームのために打ち続けてくれました。今年よりも去年の方が孤軍奮闘の場面、多かった気がしますね。それでもひたむきに打席に立ち続けてくれた村上選手。

 

 

そして、迎えた最終戦の、その最終打席。

高く上がったボールは、スタンドに向かって一直線に放物線を描きます。

 

鳴り止まない大歓声の中、ゆっくりとダイヤモンドを回る村上選手に、神宮はどう映っていたのでしょう。この瞬間、王貞治選手が打ち立てた日本人選手としての最多記録55本が塗り替えられました。

ベンチに戻った彼を1番に出迎えたのが、高津監督でした。

本当に嬉しくてたまらない、そんな表情だったように思います。新人の頃からずっと手塩に掛けて育ててきた選手が、こうして大記録を打ち立てる。そりゃあ嬉しいに決まってますよね。

 

先述の通りこれからCSがあるし、そこに勝てば日本シリーズもある。

まだ終わりじゃないけれど、ひとまず言っていいですか。

 

村上宗隆選手、本当におめでとうございます!

金木犀の香りを感じながら歩く

キンモクセイです

 

定期的にキンモクセイ聞いていい気持ちになる

4年前に”活動休始”して2年前にフルアルバムをリリースして今年デビュー20周年を迎えたキンモクセイ

www.youtube.com

www.youtube.com

あたしンちの主題歌「さらば」や紅白でも披露した出場した「二人のアカボシ」はあまりに有名な曲ですが、最近聞き直して良いなって思ったのが「同じ空の下で」という楽曲。

www.youtube.com

キンモクセイはなんかこう……聞いてテンションブチ上がる! って感じよりもしっとり聞き惚れるのが似合う曲が多い気がします。それこそ、近所を散歩しつつ金木犀の香りでも感じながら。

www.youtube.com

セレモニー、ほんと好き

 

金木犀にわかのワイ

こんばんは、近所に曼珠沙華の花が咲いていてほっこりとした気分になったLITさんです。

一般的には彼岸花の名前で呼ばれるこの花、名前のイメージと球根の毒性からあまりいい印象を持たれない事が多いですが、筆者は好きなんですよね。いいじゃないですか、この独特の花弁の形といい鮮やかな赤といい、見惚れてしまうというものです。

 

 

さて、キンモクセイいいよねっていう話をしておきながら実は筆者キンモクセイを間近で見たことがありませんでした。

いやまぁデビューして活動休止にまでの時代はまだ子どもでしたからね、ライブ行ったりすることもなかったですし。そもそも「『あたしンち』の主題歌の人」という認識しかなかったですしね。他の楽曲を知ったのも、4年前に”活動休始”したあとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

じゃなくて。

 

ホントの(?)金木犀の方。

驚かれるかもしれませんが、LITさんキンモクセイというものを恐らく見たことがないまま現在に至るのです。という話をすると驚かれるかもしれませんが、調べてみたら東北の南部までしか分布してない花なんですね。筆者が住んでいた地域がギリギリ育ててるかどうかってところだったので、たぶん気付かなかったんだと思います。

 

数日前のことでした。

仕事場へ向かうために最寄り駅まで歩いていたときのこと、ご近所の老人達が数人で立ち話をしていました。各々が手に小さなオレンジ色の花が付いた枝を持っていて、なんだろうきれいな花だなぁと思いながら脇を通り過ぎ――

 

 

 

 

ふわっ

 

 

 

知らない香りに、思わず足を止めました。

ほのかに甘い、今まで知らなかった香り。そう言えば、ここ数日仕事の行き帰りにこんな香りを嗅いだ記憶がある。その時は気にも留めなかったけど、そうか……これがキンモクセイの香りだったんだ。

三十歳もとっくに過ぎてからの、あまりに遅い金木犀デビュー。噂に違わず、本当にいい香りでした。これは好きになる人がたくさんいるのも納得できます。調べたら、9月末から10月にかけてが最盛期を迎えるキンモクセイ。秋のちょっとした楽しみとして、気軽に香りを感じながら歩いていきましょうかね。

最近のニコニコさん、色々痒いところに手が届くようになってきてて嬉しい

こういう生放送もっとやってほしい

live.nicovideo.jp

 

ニコニコランキングNGが無いと生きていけない

ニコニコってコメント単位でのNG登録があるのに、長いこと動画のNG登録やユーザー単位でのNG登録って無かったんですよね。ある意味投稿者に優しいシステムだったとは思うんですが、それでもランキングとか検索結果で見たくないものってあるわけで。

筆者はそれをスクリプトで力業解決してたんですよ。前にも書いた気がしますね。

 

いや書いてなかったわ。

greasyfork.org

スクリプトというそもそもズブの素人にはさっぱりわからないものを、TempermonkeyというChrome拡張機能にぶち込むだけで簡単に実行できるという仕組みなんですが、

www.tampermonkey.net

簡単に言うと、NG登録した単語が載った動画は自動的にランキングや検索結果から除外されるというもの。ユーザー単位でNGもできるし、IDでNGにすることもできるスグレモノです。

ランキングの17位が飛んでるでしょう?

17位にある動画がなんらかのNG設定に引っかかて非表示になっていると、そういう仕組みなのです。最初から見なければ不快な思いをしなくていい。そういう気持ちで、伊集院さんの言葉を借りるならスナック菓子感覚でNGにぶっこんでます。

 

ついに公式でも

ということを、なぜユーザーがわざわざスクリプト組んでまでやらなきゃいけないのか。

ホントね、このスクリプトの作者には足向けて眠れません。ランキングの仕様が変わったとしても、1,2日で対応してくれるという神がかったスクリプトです。

 

なんてことを嘆いてたら、ついに公式からNG機能がリリースされました!

blog.nicovideo.jp

要望は多かったみたいですが、ようやくの実装です。

栗田穣崇氏が代表に就任してからというもの、ニコニコが本当にかつてのユーザー目線なサイトになりつつある気がして本当に楽しいです。

twitter.com

プレミアム会員の伸び悩みは大変な問題だとは思いますが、それこそ投げ銭的なシステムで出遅れたのが痛いですよね。まぁでも、いい意味でYouTubeと棲み分けできていていいんじゃないかなと筆者は思います。

定額の支援も出来るようになるし(ぶっちゃけメンバーシップのパクr)

blog.nicovideo.jp

 

クリ奨もどんどんアプデされていくし(まだスパチャの下位互換なんよなぁ)

blog.nicovideo.jp

 

ニコニコさんにはこれからも頑張ってほしいなと願うばかりです。

ポンきりがまたアルカディアやってる……

 

news.yahoo.co.jp

カワンゴもなんだかんだクリエイターというかプログラマーとしては優秀だったんよなぁ……

プライバシーポリシー