ゆたんぽを抱いて寝る。

ゆたんぽを抱いて寝る。

猫のこと、本のこと、アニメのこと、野球のことetc...思いついたまま、気の向くままに。

ゆたんぽを抱いて寝る。

世界は今日も眼鏡美少女でできている

「人生」面白い作品だったなぁこれも

 

眼鏡に貴賎なし

毎朝社畜電車に揺られ社畜場に向かう社畜ことLITさんなわけですが、電車内に学生さんの姿を見ると「あぁ新年度になったんだなぁ」と感じます。

と書くと「LITさんはすぐそうやって制服JKをいやらしい目で見るんですねこの変態さんが!!」とあらぬ誹謗中傷を受けそうですが、決してそんな事はありません。そういうのはほら、FANZAとかDLsite.comとかそういうところで……えっ、クレカ使えないんですか!? おのれ米兵め……

実際問題、制服JKを見てなにか思うようなお年じゃなくなってきたというか、冷静に見ると制服JKの娘がいてもおかしくない年齢になりそうだかなってしまったんだかという己を客観視してしまい消え入りそうになるというか、そういう感情が先行してやってきます。

だからこそ、眼鏡美少女がより鮮烈に残るのでしょうけれども。

 

ここまでネタ不足、ここからもずっとネタ不足

「眼鏡美少女」という語感が気に入っているためこのブログでは度々「眼鏡美少女」という言葉を使っていますが、これは広義の意味で「眼鏡をかけた美人」全般を指します。もっというと眼鏡をかけると人は総じて美人になるので、眼鏡かけてりゃ眼鏡美少女判定なんじゃないかと言うほどにガバ判定です。いいだろ容姿や体型はやれルッキズムだなんだといわれますが眼鏡は言わねぇだろお前らなぁ!!

ルッキズムルッキズムと言いますが、なんなんでしょうねルッキズムって。ブスいじりがダメでイケメンいじりはOKってなんなんですかと。いじるならハゲもブスも貧乳も全部等しくいじられてそれがオッケーになればいいし、そもそもいじるいじらないじゃなくどんな容姿、性別、装飾であってもその人個人であると認めていくのが真の多様性なんじゃないでしょうか!! 見た目や年齢、装飾品でその人を判断するなんていうその了見が、LITさんは気に食わんのです。

 

それはそれとして。出勤途中の電車で、それは見事な眼鏡美少女を観測しましてね。よく見かける高校の制服を着ていて、飾らない赤縁の眼鏡がそれはもうよく似合う制服JKでしたね(外見至上主義)。眼鏡美少女しか勝たん。コンタクトはなんかこう、国で認められてない原材料とか使ってたのがバレて規制されればいい(差別主義)。

役割

Switchでツクール出でんのか、時代だな

 

社畜には社畜の役割があって

この世に生きる人間は、皆それぞれ役割を持っているのだと言うのが筆者の持論です。厳密に言うと、役割というより配役と言ったほうが正しいかもしれません。キャラクターには等しく役割があり、それらが物語に奉仕することによって物語は物語りたり得る、というのは創作の師と仰ぐ榊一郎先生の言葉ですが、現実世界もそれは同じことで。LITさんという人間には社畜あるいはもっと別の配役が割り振られていて、与えられたキャラクターとして物語(この場合は他人の人生)に奉仕することが求められるわけです。よく「自分は誰の役にも立ってないんだ」なんて言う人がいますが、他者と関わった時点で善きにせよ悪きにせよ誰かの人生、物語に影響していると考えると、存外誰かの役に立っているんじゃないかと、そう思うわけです。そう、きっと役に立っている。日高屋のタッチパネルがわからず忙しい時間帯に店員を呼び出しているあの老害もきっと、誰かの役に……いや、それはわからない。

 

何者にもならない、それがZ世代

仕事場にも、若い子が増えてきました。新卒は採ってない中小零細企業なので一週間前まで学生でしたとか2時間前に卒業式でしたみたいな子はさすがにいませんが、20代後半でなんとなく社会人やりましたみたいな経歴の子が増えています。

そんな彼等を見ているとなんともジェネレーションギャップを感じる事が多くて。前述の通り人は何かしら与えられた役割を演じながら生きていくわけですが、どうもその傾向が薄い気がします。与えられるものを全て受け入れ脳死になって働くのが昭和の社畜だとすれば、その対極とでも言いましょうか。どんなものであれ、全てに対し一定の距離を取る。まず受け取らない。じっくり見定める。でも決して拒否はしない。代わりに、あらゆる物事において熱量はない。これがZ世代なのだと最近思うようになりました。

とまぁ、そんな彼等をどう相手にしていけばいいかって話なんですが、ぶっちゃけわかりません。とりあえず下に就いた子にはあれこれやらせてますが、良くも悪くも淡々とやります。周りと過剰にコミュニケーション取ることはしません。でもやることはそれなりにやります。

筆者としてはそれでいいんですが、ウチの社長はあまりお気に召さないご様子で。いやまぁ社長の言うことは分かりますが、それを言ったら若い子なんてなかなか採れないよって話になるわけで。

どうしたもんかねぇ……えっ、新しい人雇うんですか? 年齢は…………は? LITさんの一回り年下????

 

 

もうわかんねぇよ、と思うのと同時に一回り年下が仕事場にやってくるとかいう事実に衝撃を受ける30代なのでした。

暴走チャリと暴走チャリもどきは感覚の違いで済ませるな

このオバサンも一躍有名になりましたね

 

暴走チャリ許すまじ

クソ田舎シティから首都に居を移し、1年半。行き交う人間の多さもさることながら、同じくらい自転車を多く見ることに気が付きました。やはり電車社会、並行して使う乗り物は自転車になるのだろうなと町中のコインパーキングや月極駐車場の値段を見ながら思います。

そんな自転車ですが、首都の自転車マナー悪すぎませんか?? いやもうマナーなんていうからモラルの問題に取られるだけで、簡単に言うと法律違反ですからね。

まず右側通行、これが多すぎる。これ逆走ですから。通行区分違反ですから。いやいやLITさんと。行きたい方向が右車線だから右側を走るより他ないでしょうよと。そう言われるかもしれませんが、それがダメだって言ってるんですよ。それなら降りて押して歩けばいいわけです。

あとこれは本当に危険なので辞めてほしいのが、歩道走行ですね。しかもなんだろう、たまに歩行者を蹴散らさん勢いで爆走するチャリを見ますが、あれほんとただの犯罪自慢だろとしか見てませんから。チャリは軽車両であって道交法が適用される乗り物だという自覚が、まるでない。本当にない。ないからたまに検挙されると逆ギレして食って掛かる馬鹿野郎が後を絶たないのです。

まぁ、もっと悪質なのはチャリの顔した原付乗ってる大馬鹿野郎ですけども。

 

まぁ本家(?)原付も大概ですけどね

近頃急速に増えつつある、モペッドなるペダル付き電動原付。そう、此奴電動原付なのです。法律はチャリではなくバイクの方が適用されます。

と書くだけで「えっ、そんなの当然でしょ言われなくてもわかってるってやだなぁLITさんってば」と言われるかもしれませんが、彼奴等まじで涼しい顔で法律をぶっちぎってきますから。

町中でよく見るのが、これ。

遠くからだとちょっとタイヤの太い自転車に見えてしまうんですよ。ただ、どう考えても自転車では出せないスピードで道路を、時には歩道までも爆走しているというから恐怖でしかありません。

繰り返しになりますが、これは自転車ではなく原付です。ナンバープレート、ミラー、その他原付と同じ保安基準を満たしていなければ、公道を走ることは出来ません。もちろん乗る側もヘルメット必須です。努力義務じゃなく、検挙されても文句言えないレベルのものです。

でも現実、町中でこの手の暴走原付馬鹿は年々増えているように思います。売る側も「チャリでござい」みたいな売り方をするし、買う側もなんの疑いもなくチャリのつもりで買う、そして乗る。こういう悪循環が二輪車の立場を弱くしているのだと、何故気づかないのか。気付かないだろうなぁ……

 

まぁ、原付そのもののマナーが低下してるというか一部の終わってる原付が目に付くのは間違いじゃありませんがね。すり抜け原付はなんかこう、釘とか踏んでパンクすればいいんじゃないですかね。

 

参考記事

president.jp

【縦or横】お前ら弁当の食べ方どっちだよ

ここのお弁当屋さん、まだやってるんだなぁ。感動

 

安くてガッツリした弁当が1番美味い

以前も紹介しましたが……と書いて紹介してなかったことに気付いたので紹介します。

今期話題の西武池袋線石神井公園駅にある玉仙楼2号店(1号店は惜しまれながら昨年閉店しました)、コチラのお弁当が最高にコスパ良くて最高に美味い。

たっぷりのおかずとギッシリのご飯が詰まったこのお弁当、2024年4月現在なんと450円というリーズナブルなお値段でお買い求め出来る素敵弁当となっています。これでも数十円値上げしている(筆者が買い始めた時は400円でした)わけですが、それでも尚この物価高時代においてこの値段は安い。作っているのは本格的な中華料理屋さんなので、味は抜群です。中でも筆者が勧めたいのは、回鍋肉弁当。

ここのお店の回鍋肉はまじで美味い。ピリッとした辛さの中にしっかりとした旨味が凝縮されていて、肉もたくさんでまさにメシのおかずといった感じ。惜しむらくはお弁当は昼だけみたいなので、買おうと思ったら必然的に土日に限られてしまうんですがね。

お立ち寄りの際は(そんな用事があるかどうか知りませんが)、ぜひ一度足を運んでみては。

 

筆者は断然”横”です

タイムマシーン3号、THE SECONDファイナル出場決定おめでとうございます。

いやぁ、オンバト時代から応援してきたコンビがここへ来てついにここまで上り詰めました。決勝は来月18日……で、どうやって見ればいいの? なんかこう、TVer的なところでやってくれませんかね。どうなんでしょうか、ハイ。

 

とまぁ、そんなタイムマシーン3号Youtubeを見ていて、衝撃の事実に気付きました。

www.youtube.com

てんや、美味しいんですよね。筆者もたまにふらっと入って食べてしまうくらいにはてんやが好きです。なんだったら牛丼屋より利用しているかもしれないくらいに好きなチェーン店なんですが、いやそれは置いといて。

皆さん、弁当縦と横どっちで食べますか?

 

いや、そもそも論として「弁当を縦で食べる」という人が居たら筆者にDM下さい。

これねぇ、筆者も山本さんと同じで「弁当は当然横で食べるもんだ」と思って育ってきたわけでして。でも、関さんの言い分もわかる。端っこからきれいに食べたい。よくわかります。いや、でも……えっ、縦?

この動画を見た時の衝撃たるや。コメント欄を見ても、結構いるじゃないですか”縦”派の人間が。まじか……まじなのか。そんな衝撃を受けてたら休みが終わる。そっちのほうが衝撃的だわ。

TVアニメ「怪異と乙女と神隠し」第一話を見た原作読者の素直な感想と今後の展望について

本の日のイラスト好き

 

丁寧な作りで安心して見られそうです

4月から放送が開始した「とと神」ことぬじま先生原作コミックのアニメ化作品「怪異と乙女と神隠し」。原作1巻から推している筆者が度々ブログでも取り上げ大絶賛するという、令和のデスブログの呪力にも負けずアニメ化まで漕ぎ着けた稀有な作品です。

※原作ネタバレあり

※原作ネタバレあり

例によってアマプラで配信してくれるというテレビ無いっ子のLITさんにとってはありがたい放送環境なので、おっかなびっくり見てみることにしました。

何がおっかなびっくりって……やっぱり、原作読んでると原作読んだなりの「俺の考えた最強のアニメ版とと神」像が出来上がるわけで。脳内CVとアニメ版CVの乖離にずっと悩まされているという話はこのブログでも再三してきましたが、第一話を見た感想としては「安心して見れる」この一言に尽きます。

 

脚本について。

原作を丁寧になぞりつつ、来たるべき後の物語に関する材料もしっかりと撒いていくという丁寧っぷりに思わず膝を打ちました。菫子さんと化野くんの物語であるという根幹をしっかりと捉え、原作のあのホラーともサスペンスとも違う、インターネット掲示板の都市伝説のような雰囲気がしっかりと出ていて良かったです。

声優について。

一番最初に取り上げた(もう4年前ってまじですか)記事で化野くんの脳内CVを花江夏樹さんと書きましたが、今日に至るまでその配役は変わっておらず。そうなるとアニメ化した際にアニメ版声優と喧嘩することがしばしばあるのでそこが怖かったのですが、山下大輝さんが筆者の想定通りの化野くんをやってくれまして。いやはや、声優ってすげぇや。俺音響監督もこれには納得です(偉そう)。あと素直にファイルーズあいさんはまじですげぇとしか。ダンベルで知った彼女ですが、もうどのアニメでどの役やらせてもしっかりそのキャラを作り上げてくれる実力派声優ですホント。あと駅員役に野沢雅子さんキャスティングしたのまじで天才だと思いましたね、ハイ。

 

第二話以降は配信だともうちょいあとになりますが、どうやら畦目先生が堀江由衣さんだと聞いて密かにワクワクしております。何にしても、この調子なら完結まで(どこまでやるのかわかりませんが)安心して見られそうです。

 

もうね、嬉しいよね

さて、今後の展望と書きましたが、わかりやすく言うと原作未完作品あるあるで「どこまでやるの?」問題です。それに関してですが……あ、一応言っておくとガッツリと原作のネタバレになるのでアニメ派の人は一旦ここで読むのをやめておいてもらったほうが良きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、仕切り直し。

アニメのOPを見ると、ガッツリはっきりしっかりくっきり映っているわけです、猫の王が。

映ってるってことは、ちゃんと猫の王編やってくれるってのはほぼ確定なわけで。いやぁ……楽しみすぎる。全エピソードの中でもトップクラスに良かった話なだけに、このワンカットだけで視聴継続確定です。

プライバシーポリシー