ゆたんぽを抱いて寝る。

ゆたんぽを抱いて寝る。

猫のこと、本のこと、アニメのこと、野球のことetc...思いついたまま、気の向くままに。

ゆたんぽを抱いて寝る。

2022年5月14日槇原敬之コンサートツアー2022「宜候」感想レポ①

長いレポになります

 

ここまでのあらすり

昨日は、えーっと……どこまで書きましたっけ?

ゆっくり茶番劇の話まででしたっけ?

そうそう、滑り込みセーフで開演でしたというところまででした。

 

 

それでは、茶番もそこそこにして振り返っていくとしよう――3年ぶりのコンサートを迎えたまっきーの姿と、奇跡のような2時間半を。

 

「introduction~東京の蕾~」「ハロー!トウキョウ」「どんなときも。」

照明が全部落ちた会場。波をイメージしたステージの明かりだけが小さく瞬く中、まっきーの歌声だけが響き渡る。

 

♪君は春近い

   東京の蕾♬

 

何回、何十回、何百回と聞いたその歌声は、CDのそれよりも優しく、力強い、まるで大海原を彩る波のよう。

 

♬遠く故郷から飛んできて

       ここで芽吹いた♫

 

復帰作アルバム「宜候」その1曲目「introduction~東京の蕾~」船が錨を上げ、エンジンに火が入り、ゆっくりとその巨体を大海に進めてゆくような、そんな曲。そして、何百回聞いても鳥肌が止まらない曲の終わりから「ハロー!トウキョウ」へとシームレスに続いていく流れ。何度聞いても大好きで、まさに”冒険の始まり”に相応しい曲だ。

ここでパッと会場が光に包まれる。そこには見慣れたバンドメンバーと、そして、何度も夢に見て、誰よりもこの日を待ちわびたであろうまっきーの姿が!

割れんばかりの拍手というのは、あの瞬間のことを指していたのだろう。無事に開催できたと言え、例の病魔の驚異はいまだ収まっていない令和4年のトウキョウ。それでも、歓声代わりの拍手が本当に心地よくて嬉しくて、気がついたら自然と涙が溢れていた。オタクはすぐ「泣いた」「涙腺崩壊した」と言うが、ぶっちゃけコンサートで泣くことなんてないと思っていた。そんな筆者の驕りは、目の前で起きているたったひとつの出来事だけで簡単に崩れ去ってしまっていた。

まっきーが歌ってる。ステージ上で、あんなにも楽しそうに歌っている。

いつしか、それが当たり前だと思っていた。

当たり前が当たり前じゃないんだと気付かされるのは、皮肉にも当たり前が崩れてしまったときなのだ。そんな”当たり前”のことに改めて気付いたことや、今まさに転職活動中で自分自身も再出発に向けて動いていること、いろんな感情が荒波みたいに押し寄せてきて、気づけばボロボロと泣いている自分が居た。開演と同時に滑り込んだために自分の座席にもたどり着けないわ、着の身着のままだからスーツ姿だわ、もうめちゃくちゃにも程があるのに、とにかくステージでまっきーが歌ってて、超満員の会場が一体となって楽しんでいる。その事実が全部嬉しくて、とにかく泣きはらしながら手を叩いた。

まっきーの歌声はいつも以上に熱がこもっていて、最初からエンジン全開という印象。バンドメンバーの演奏にも、一層熱が籠もる。まっきーのコンサートは何が楽しみって、歌声はもちろんのこと、抜群に高いパフォーマンスの演奏陣だ。全員の息がぴったりと合った最高の演奏と、最高の歌声。本当に、本当に素敵なスタートである。

そして、新曲2曲に続いて流れた3曲目が、「どんなときも。」だ。

ここか、ここで「どんなときも。」が来るのか。嬉しいなんてものじゃない。もしかしたら、今自分が1番まっきーの生歌で聞きたい曲がこれだったのかもしれない。どの曲も素晴らしいし、それぞれに愛がある。それはわかっているんだけど、やっぱり最終的に「どんなときも。」に帰ってくる。原点にして頂点だし、ファンとしてこの曲を歌うまっきーがまた見られるという嬉しさは、他に代えがたいものがある。

いつもだったらアンコールの定番曲。みんなで一緒に楽しく歌って「あー、楽しかった!」と少しの寂しさと共に幕が下りる、そんな曲として定着し続けた「どんなときも。」が今回、1番いい場面で流れてくれた。こんな素敵な選曲があるだろうか。声は出せなくても、みんな心のなかで一緒に歌ってる。わからなくてもいい、そういうときは――適当に歌えば良い。いつもまっきーが言ってたことだ。

歌いながら、ステージを楽しそうに駆け回るまっきー。全身から「楽しい」が溢れ出ているのが2階席からでも十分に伝わってくる。この瞬間、世界で1番楽しいに溢れた空間は間違いなく立川ステージガーデンだっただろう。

 

MC

歌が終わり、MC……のハズが、思わず言葉をつまらせるまっきー。その姿に、またしても目頭が熱くなる。ヤバい、また泣いてしまいそう。でも、そう何度も泣いてちゃいけない。LITさんの涙はそんなに安売りするものじゃない。そう思いながらまっきーの言葉に耳を傾けていたのだが、早々に無理だと分かってしまった。

活動自粛中にまっきーが1番気を揉んでいたこと、それは「ファンの人たちに、胸を張ってマキハラのファンだと言えなくしてしまったこと」だとまっきーは言った。自分のせいで、ファンの人たちに苦しい思いをさせてしまった、そのことに対してまっきーは「本当に……ごめんなさい」深々と頭を下げた。起こしてしまったことは決してなくならない。まっきー自身もたくさん辛い経験をしたと思うし、たくさんの人に迷惑をかけてきたのは紛れもない事実。だけど、それでもずっとファンのことを気にかけてくれていて、それをステージではっきりと伝えてくれたこと。もう、それだけでボロボロに泣いてしまった。

あぁ、本当に信じて待っていて良かった。

まっきー、おかえりなさい。本当におかえりなさい。

心のなかで、そう呟いた。

 

②に続きます。

トリプルブッキングを勝ち抜いてゆけ。目指すは3年ぶりまっきーコンサートの地

このくらい走りました(気持ちだけ)

 

こいついつも徹夜テンションで面接してんな

都内某所。都心から外れたとある駅から歩いて数分のところにある雑居ビルが、面接会場でした。トリプルブッキングしてる人間が言うのもまるで説得力がない話なんですが、こう見えて時間には結構キッチリしてる筆者。30分くらい前に着いて場所を確認、予定時間の15分前に門をたたきました。

えっ、早くないかって?

いやいや、こういうのはね、誠意が大事なんですよ。やる気を見せないと。決して、ノリで早く初めて早く終わればいいなとか思ってませんから。5分くらいで終わってくれねぇかなとか思ってませんから。ホントデスヨ。

 

面接は、思った以上にスムーズに進んでいきまして。

面接というよりは面談と言うか、雑談の延長線というか。手前味噌ですが、外面の良さ選手権全国大会常連のLITさんなので、こういうのは強いんですよね。初対面の人にあまり気後れしないんですよ。いやまぁわかりやすくコミュ障なだけなんですけども。

「落ち着いてるし受け答えもしっかりしてるし、緊張してない?」と聞かれましたが、むしろ緊張してる時ほどきっちりできるタイプのコミュ障なので。というか内容なんかより手元の時計のほうが気になって仕方ないので。あとなにもかも徹夜明けのおかしなテンションなので。アドレナリンで面接を受けるな。

 

今年イチ走った

早く終わんねぇかなというのを悟られないようにしつつ、面接は無事に終わりまして。

極めて冷静に、平常心を全身から放ちながらエレベーターを降り、ゆっくりと角を曲がると――そのまま猛ダッシュ

理論上、3分後の電車に飛び乗れば会場の最寄り駅に開演10分前には着きます。兎にも角にもその電車に乗れなかったら総てはパー。赤坂ミニマラソン森脇健児並の本気を出して、土曜の駅前を爆走する社畜コスのおっさんが1人。

遠慮のない駆け込み乗車を決め、予定通りの電車で揺られること十数分。頼むから人身事故とか起こってくれるなよ……と神様仏様その他諸々に祈ってましたよね。

 

祈りが通じたのか、電車は無事に会場の最寄り駅に到着。

このまま走るか……いや、ここはタクシーだ!

正味ワンメーター、下手すると初乗りくらいの距離なんですが、ここでケチってどうする。ここで乗らなきゃいつ乗るのか。今でしょ!

心の中の林修先生もそう言ってます。

目についたタクシーに飛び乗り、思った以上に近い場所で心底めんどくさそうな運ちゃんに運ばれながら、混み合う道路と腕時計を交互に見やる筆者。会場に着いて扉が開くやいなや、飛び出すように会場に向かってロケットスタートをキメます。スタッフさんにチケットを渡し、半券を貰って階段を駆け上がり、扉を開けると――

 

 

 

♪君は春近い

   東京の蕾♬

 

 

コンサートが始まった、まさにその瞬間でした。

間に合った、奇跡的に間に合った!

 

その様子は――また明日!

寝てないし寝てる

はい

 

夜勤明けテンション

このまえの土曜日、つまり二日前のこと。

朝6時に仕事を終えた筆者は、そのまま家に猛ダッシュ。朝の生活道路をきっちり法定速度でぶっちぎり、転がり込むように家に帰ります。えぇ、きっと法定速度に違いない。俺が法律だ。

なぜそんなに急ぐのか。何を隠そうLITさん、2時間半後には新幹線に乗らねばならないのです。詳しくはこの記事を読んでもらえればわかるんですが、

l-i-t.hatenablog.jp

この日、健康診断と採用面接とコンサートのトリプルブッキングっていうね。それも夜勤明けそのままという、リアルに命削って生きてる感満載の日なんです。どうしてこんなに用事詰め合わせなのか、用事ばっかりですよぷんすか。

命ばっかりはこの2人が最高

 

大急ぎで準備を済ませ、再び駅まで法定速度キッチリで猛ダッシュ。何度でも言いますがちゃんと法定速度だしLITさんが法律なのでつまりそれは法定速度なのですえぇそうに決まってます。

新幹線に飛び乗り、やっとこさ一眠り……したと思ったら、もう到着。深夜バスと違って新幹線は早いですからね。結局1時間寝たかどうか。いや、でも不思議と眠くないんですよ。まぁわかりやすく徹夜テンションです。早くやめなさい。

 

午後から予定していた面接を受け、休む間もなく大急ぎで移動します。

後日改めて記事にしますが、まっきーのコンサートは開幕にギリギリ滑り込み、キッチリ2時間半楽しみ尽くしました。もうね、3年ぶりのコンサート。楽しいやら嬉しいやら感動やら……素敵な2時間半でした。

コンサートが終わった時点で、筆者の稼働時間は26時間をゆうに超えています。もうそろそろ活動限界も良いところ。だけど、このまま寝るなんてできないくらい心臓はバクバクだしコンサート楽しいのテンションは続いてるし、この感動を肴に一杯やってから宿に行きたい。そんな気持ちを神泡と隕石パンでがっつり満たし、

気が付けば時計の針は23時を指していました。

いや、23時って。ちょっと一杯やって帰るはどこ行った。がっつりクローズまでおるやん。居心地が良かったのでね、仕方ないね。さぁこうなってくると活動時間は30時間超え。限界突破です。そして宿に入り、布団にダイブ――

せずに何故飲み直してるのか。いや、ちょこっとだけですよ?

ちょこっとハイボール2杯くらいですから。

 

ここまでやって、流石に限界。風呂入ろうかなぁと思いながら横になったら、ストンと寝落ちてました。こいついつも徹夜テンションで生きてるな。

 

あたいびっくりした

喉が渇いて目が覚めました。時計を見ると、時刻はまだ4時。やっぱり酒飲んでそのまま寝ちゃだめですね。とりあえず水分を取りつつ、せっかく大浴場のあるお宿なので明け方風呂と洒落込むとしましょう。

疲れ切った身体を熱いお湯に沈めると、汗と一緒に疲れまで流れていくような、不思議な感覚に溺れそうになりますね。あいにくサウナはメンテの時間で入れなかったんですが、寝直して起きたらのんびりサウナっていうのもオツなもの。ポカポカになって再び布団に潜り、目を瞑ると、意識はすぐに沈んでいきました。

 

 

 

 

 

 

ぱちり。

 

スッキリとした目覚め。やっぱり明かりがないとゆっくり眠れますね。3~4時間くらい寝たでしょうか。寝ぼけまなこでスマホを手繰り寄せ、時計を見ると――えっ、11時20分!?

まさかの6時間爆睡。合計10時間とかいう健康優良児を通り越して不健康に片足突っ込んでませんかこの人。

そして何がヤバいって、チェックアウトの時間が12時だということ。慌てて風呂で寝癖を直しつつ顔を洗い、大急ぎで服を着てチェックアウトをしたのがジャスト12時。

いや、まじで焦った。寝坊して延長料金とか洒落になりませんからね。

 

っていうか、寝ないで30時間動いた後に10時間寝るって……この人の辞書に「平均」という文字はないの?

綺麗なホーム画面に憧れる

ホームページビルダー、まだ売ってるのか

 

みんな壁紙ってどれくらいの頻度で変えるんだろう

PCの壁紙とかスマホのホーム画面、あるいはガラケーの待ち受け、もしくはPHSの……いや、さすがにピッチ持ってる猛者はいないか。っていうかピッチってもうサ終しましたよね?

筆者のPCはかれこれもう10年近く前に組んだ化石みたいな物。CPUが当時最新だったcore i7の第二世代っていうね……壁紙もこの時に設定したものからずっと変えていません。

www.pixiv.net

パチュリーの設定は無限にあっていいとは思うんですが、この雰囲気が筆者は一番好きですね。眼鏡は言わずもがな殿堂入りなのでランク外ですが。

実際問題、壁紙ってみなさんどの頻度で変えてます?

お気に入りの画像を見つけたらパッと変えちゃうっていう人もいるだろうし、筆者のようにずっと同じ壁紙を使い続けてるっていう人もいるでしょう。それに、いくら素敵な壁紙にしたところでデスクトップが散らかり放題なんて人もいるでしょうし。まぁ、LITさんのことなんですけどね。

 

スマホは結構気に入ってる

HTCがスマホから撤退し、次に買うスマホに悩んでいるLITさんですこんばんは。

これは先代のスマホなんですが、こいつが使い勝手よくて好きだったんですよね。その影響で今使っているスマホもHTCなんですが、さて次はどうしたらいいのやら。昔から偏見まみれのアンチ林檎なのでiPhoneにしないのは間違いないとして、おサイフケータイ付のSIMフリー端末でいいのあったら教えてください。3万くらいで買えるとモアベターです。

 

して、ホーム画面の話。筆者は統一感のあるシンプルなホーム画面が好きなので、こんな感じにしてます。

ランチャーはデフォルトから変更して人気のNovaランチャを使っています。

play.google.com

androidのいいところはこのカスタマイズ性にあるといっても過言じゃない。デフォのランチャーがあまり好きじゃないので、筆者はゴリゴリいじり倒せるこのランチャーが好きで先代の時からずっとこれにしてます。

アイコンも極力記号化させたくて、フリーのアイコン素材を使ってます。

play.google.com

これが今のところ一番シンプル、かつ種類も豊富でいいんですよね。問題としては筆者以外の人がウルトラ使いづらい(アプリ名も非表示にしているのでアイコンから判断するしかない)ことですが、スマホって人に貸すものじゃないですしね。

あ、背景はどっかで拾ったやつです。こだわりはないんですが、アイコンが見えやすいように暗めの背景にしてます。

 

今週のお題「ホーム画面」

免許更新

なめ猫

 

30万で買う高額な身分証明書

若者の車離れなんて言われて久しいわけですが、実際の免許保有率ってどのくらいだと思います?

去年のデータになりますが、およそ半分くらいなんですって。

resemom.jp

2人に1人は免許持ってない計算になります。筆者はクソ田舎育ちで現在においても車がないと生活がままなりません。大学最初の夏休み中に実家で免許を取ったわけですが、都心で暮らすなら免許要らないですよね。車が無くても生活できちゃいますし、逆に車なんて持とうものなら駐車場代だなんだと維持費が馬鹿にならないわけで。

ちなみに、今から免許を取ろうとするといくら掛かるのか。

おおぅ、税込30万超えてきましたか。こりゃあ身分証明書代わりに持つにしては高すぎですね。それこそ、マイナンバーカード作ったほうが手っ取り早いまであります。逆に筆者の場合は免許証があるせいで一向にマイナンバーカード作る気になれないという。

もはや自分のマイナンバーすらわからない、そんなLITさんでしたとさ。

 

使わないけど履歴書にはずっと書ける

こどものじかん」を読んで小学校教員を目指しました。

ロロロ、ロリコンじゃねぇし! こんばんは、LITさんです。

 

流石にそれは嘘。いやロリコンじゃねぇしの部分にかかってるんじゃなくてね。こじか読んだのは大学時代です。例のEDがニコニコでくっそ流行った影響で興味を持ち、原作に入っていった感じですね。

前にもどっかで書きましたが、世間のイメージに反して内容は結構教育学を齧ってる人間からするとなかなかどうしてしっかりしてるなという印象の漫画です。子どもの発達段階、男女の成長の違い、性の悩み……結構ちゃんと調べて描かれてるなぁというポイントが多くて楽しめましたね。しかし、アニメの九重りん役が喜多村英梨さんってハマり役ですね。クソガキやらせたら一流声優じゃないですか、キタエリさん(偏見)。

 

なんちゃって教員免許持ちの筆者ですが、悲しいかな教員免許更新制度によってすっかり更新しないまま免許は失効(正確には更新手続きすれば復活できるらしいですが)している状態となっています。

流石にこの歳でもう一回教員を目指そうみたいな気は一切ないので別にいいんですが、この制度一体何の意味があったんだろうと未だに思うばかりです。

 

 

と、思っていたらですよ。

www.jiji.com

おぉ、廃止になるんですね。

しかも、筆者のように更新しないままほったらかしにしていた人も自動的に使えるようになるとか。これはいい流れです。筆者もうろ覚えなのでアレなんですが、確か更新するのに土日潰れちゃうとか講習を受けられる場所も限られているとか(教育学部のある大学のキャンパス等)結構めんどくさかったハズなんですよね。現役の先生にしてみれば、土日は貴重なおやすみ……どころか、部活だなんだと休みすらまともに存在しないブラック企業も真っ青な業界。更新手続きなんざめんどくさいという先生も多かったんじゃないかなと思うと、これは無くなって正解ですね。

 

よし、筆者もいざとなったら無期限に使える教員免許を武器に高校生とキャッキャウフフな教員ライフを

そもそもお前みたいなキモオタが女子高生に好かれるわけがない定期。

プライバシーポリシー